スタッフとの恒例の新年会。
昨年の売り上げを見ながら
みんなで議論をし、
今年の目標を語り合うのが
この会のメイン。
せっかくなので、その目標を記録しておこう。
ちなみに目標は仕事で一つ。
そしてそれ以外でも一つ。
というお題だった。


まずは、新人のもっちゃん。
仕事の目標は、『作業の効率化を上げる』。
と、『新品目の提案、販路拡大』だった。

昨年の4月から農園で働き始めた彼。
多品目を出荷する僕らの農園の
仕事を覚えるは大変だったろう。
また家族経営の延長で作業の効率化に
手を付けられていない部分が稚拙に映ったことだろう。
長年、大きな企業にいた彼だからこそ、
そういう意味での作業効率を実現してほしい。

仕事以外の目標は
『プライベートで遊びを増やしたい』だった。
福井にも慣れた頃なんだろうね。
どんどん遊んで、どんどん仕事して、そして
どんどん勉強しようじゃないか。

次はすーちゃん。
彼女は今インドネシアの協力隊案件にアプライ中。
なので仕事の目標は
『インドネシアで出来ることを考えたい』となる。
農業とインドネシアという接点で
何ができるのか、それを考えていくらしい。
どれだけ準備しても足りないのが協力隊。
でもその準備を常にしようというその心が大事だね。
その上で、何が誰にとってどう必要に見えるのか、
そこまで考えられたら、きっと素晴らしいことが起きるだろう。

それ以外の目標では
『俳句をがんばる』とのこと。
昨年、僕が俳句をし始めた横で
なぜか俳句にはまり始めた彼女。
この世界は17音しかないのにとても広く、
そしてとても美しい。
そんな魅力に彼女も取りつかれたらしい。
句会の先生たちも彼女の若さから始めると
かなりのレベルまで行ける、と言っていた。
そのチャンスは誰にでもあるわけではないので
そのチャンスが無い僕からはとてもうらやましく見える。
いいね。良い句をいっぱい詠んでください。
楽しみにしてます。

三番目はたかちゃん。
仕事の目標は1つだよ、と言っておいたのに
『品質を上げたい』
『価値を上げたい』
『葉菜類一袋120円とれるよう目指す』
『とぎれなく通年出荷をする』
『営業も頑張って、直売所にたよらない出荷をしたい』
と欲張る。
みんなからあれこれと突っ込まれた挙句、
『全部頑張る。すべてを思い通りにする』と
あれま、大胆な。
それだけ欲が出てきたんだろう。
ここに来た当初、たぶん5年くらい前かな、
その時の彼の今年の目標は
『世界平和』だった。
ぼやっとしていて、それでいて情熱的。
そんな彼も仕事を自在に思い描けるようになってくると
いろんな欲が生み出されてくるようで、
あれもこれもしたい、となるのかもしれない。
そんなこと全部は無理だよ!と言うのは簡単だけど
彼の情熱に協力して
僕ももっと情熱的に農業をしたい。
いっしょにやっていこうぜい!

最後はやっちゃん。
今年で6年目になるのか?
その彼の目標は
『生産を徹底してやりたい』だった。
農園の最大の販売品目である
ベビーリーフ管理の全責任を任せている彼の
この言葉は重い。
昨年の出荷量は着実に増やせているが
ちょっとした失敗もあり、それを今年はもっと
徹底するとのことだった。
何かに特化して、そのスペシャリストになる。
それが僕ら農業プロ集団としての強みだろう。
いいね、その姿勢が。

それ以外の目標は
『もっと外に出る』だった。
内々にこもりやすい農業。
また組織で農業をしているので、どうしても
この組織内のルールも正当化しやすく
居心地は良いが発展的ではない。
僕も以前からこれは問題だと思っていた。
僕らはもっと外に出ていくべきだ。
それを持って帰ってきて
この地域に、この組織に、
そして僕らの農業にそれを活かしていくべきだと思う。
仲間も刺激し、集落も刺激し、
そして農業界も刺激する。
そんな人材になるには
やはりもっと僕らは外に出なければいけない。
僕も常々思っていることを
彼の言葉として聞き、その想いを一層強くした。
僕たちは、そうなろう!な、やっちゃん。

こんな仲間と今年も農業、そして地域、
はてには国際協力をしていこうと思う。


気がつけば、もう1月半ば。
今年の目標を書いてなかった。
ということで慌てて書くことに。
というか、この状況、
つまり諸事に追われ目標を書くのが
1月半ばまでずれこんでしまう、
というが今年を象徴するんだと思う。

さ、気を取り直して。

『農業』『インドネシア』『地域』『俳句』で考えようか。

『農業』では、
いよいよ経営の統合を検討していく。
2006年に大学院から戻るとき
父との話し合いで、経営分離を確約してもらい
地元に戻った。
それ以来、
各専門家に相談して
農園たやは二つになった。
あまり形は良くないのは解る。
会計がややこしかったり、労務、土地利用など
煩雑の極みだ。
だが当初には、この経営分離が必要だった。
父には父の農業があり
僕には僕の目指すべき道があった。
留学前の数年の営農での経験と
留学中に固まった自分のやるべきこと
そして経営は分かれることになった。
紆余曲折あったが、今はその選択が正しかったと
自分でも自信が持てる。
ただ、今のようにスタッフが増えた状況下では
この二重構造は健全じゃない。
ま、それは当初からわかってたけど。
で、無理やり別れた二つは
無理やり一つに戻すことになる。
それが今年の目標。というか、今年検討して
来年にでも一つになれたらいいな。
どういう形にするかは、まだ検討中だけどね。
なので目標は、

☆二つを一つに!

次に『インドネシア』だ。
昨年末にようやく耕志の会のインドネシア本部が開設。
スカイプでの会議もスムーズになった。
JICA基金でインドネシア国内のスタディツアーも予定している。
そして、農園のスタッフを青年海外協力隊として
農業研修事業でも連携を結んでいる
タンジュンサリ農業高校に派遣するべく
準備もしている。
今年は、こうした状況下で
僕が目指すのは、農業研修卒業生たちの目指す
農業支援ビジネスを形にする手伝いをすることだ。
ぼやっとしていて、まだまだ具体性に欠けるが
農民がマージナルに置かれたような現状打破できるような
そんな仕組みを卒業生と一緒に作りたい。
農業研修の10年間、僕らの学問を積み上げてきたが、
いまこそそれを実践に移す時が来た、と思っている。
なので目標は、

☆学問を実践に移そう!

『地域』
JA福井市青壮年部の部長職も
任期の3年目に突入する。
今年がその任期の最後となった。
その中で痛感したのが、
本部活動を盛り上げても支部活動は盛り上がらないってこと。
やる気のある一部の人間が
騒ぎ立てても全体の動きにはならない。
ま、そうだわな。
ある程度は活発になったかと思う青壮年部活動だが
縮小傾向に歯止めはかからず、現在に至る。
この組織の役割を終えたと言えば
そうなのかもしれないけど
まだ部長職に居るので、そうは言いたくない。
地域なんて相手にするもんじゃない、と
師匠は言うが、はてさてだ。

☆もう少し足掻く

『俳句』
これが一番楽しい。
こんなに面白いものがあったなんて。
おかげで毎日の風景の色彩がより際立って見えるようになった。
自然や行事や暦、動植物、食べ物、
そんな他愛もない物が
どれも愛おしく見える素晴らしい文学。
今年は2年目なので、がむしゃらに
句作をしていこうと思う。
各種コンクールや句会などに投句をして
毎月200~300句は作っていきたい。

☆入賞を目指します(入選)

そしてブログ。
ずいぶん更新回数が減った。
俳句に時間を多く持って行かれるからだが
今年は昨年よりも多く書こうと思う。
なので、本年もよろしくお付き合いくださいませ。



年末年始はインドネシアにいた。
約2年ぶりのインドネシアで
気が付いたのは、
思ったよりも錆びついた語学力と
辛い食べ物についていけない消化器官、
そしてやはりこの場所が好きだ、
という感覚だった。

旅のまとめは
またブログに書いていこうと思うが、
年始ということで、
ここではインドネシアで想った
今年の目標を書いてみようか。

今年はもっと発信力をつけよう、と思う。
実は昨年、
一昨年までブログのアップ数が減ってきていたので
毎月10エントリーはアップしようと心に決めていた。
で、何とか年間で129エントリーを書いたが、
それでも発信力は弱いと言わざるを得ない。
では、もっと発信する回数を増やすのか?
いや違う。
それは回数ではない。

今回の旅で思ったのは、
「農業」という生業の特徴というか、
特に野菜栽培においての事だが、
それがもつ経済的な活動の限界というか、
ある構造的な関係に陥りやすいというか、
国が変わっても、社会的・文化的構造が違っても
ある一定の問題を
その生産様式から共有しているんじゃないかって
思えた。
これまでもそれはぼんやりと思っていたけど
今回それを強く認識するようになり、
僕のこれまでのテーマだったことが
日本語でしか発信してこなかったことを
悔いた。
ということで、
もう少し、インドネシアを意識して
発信することにしたい。
元日に
ジョグジャのホテルのエレベーターの前で、
ばったりSofyanと出会ったのも、
2億4千分の一くらいの確率で
ばったりそこで彼に出会ったのも
きっとそんなことへのメタファーのようにも感じ
僕の想いを決定づけた。

どこまでできるか分からないけど
僕なりに見えてきた
農業(特に野菜栽培)による経済活動が持つ
構造的な問題をインドネシアの仲間とも
共有したい。

なので、
僕の今年の目標はこういうことになる。
「農業」に今まで以上に真面目に向き合い、
それをもっと掘り下げて議論をしたい。
そして、それをインドネシアにいる仲間とも
共有する機会を増やしたい。
そういう発信を増やせることができれば、
たぶん、次の10年が見えてくる気がする。

ということで
とりあえずは、これまでやってきた座学の
教科書というか、そんなものを作るところから
始めようと思う。
農村社会学を基礎として、
農業の構造を見る授業や
グローバリゼーションの影響など
それぞれの授業の教科書を
インドネシア語で作ろうと思う。
それが今年の僕の目標だ。



さて、そろそろ
今年の目標でも記そうか。

まずは健康。
無事是名馬の故事の通り、
体調に不安があれば、何事も成し難い。
理想体重に近づけて、疫学的な予防と
飲酒を控え、
軽度~中程度のストレスを受ける環境に身を置き、
それに対してやる気が出るような毎日にしたい。

今年は、大きな役が回ってくる年。
まだ総会を乗り越えていないので
本当に僕がその役をやるのかどうか
全く実感はないし確証もないのだが、
ほぼ僕がやることで決まっている。
その役をやることで
今までは見えなかったものが見えてくると期待したい。
ちょっと変化もつけられたら、とも思う。

仕事は、昨年は細かい点で
僕はずいぶんと消耗した感があった。
発展的なクリエイティブな仕事になるよう
気持ちの切り替えも大切だ。
新しい作物や品目にもまた挑戦したいし、
昨年の失敗からもっと品質の高い野菜を栽培したい。
いろんなチャンネルで販売しているが、
直接つながってくれているチャンネルを
もっと伸ばしていきたいね。
さらに今年は、スタッフの新人も入るので、
それによって生まれる営農の変化も楽しみ。

インドネシア研修事業は
ややマンネリ化しつつある。
が、新人も含めて人が少し変わるので、
その変化を大事にしたい。
今年は2名が帰国するが、
新たに来日を予定しているのは1名だ。
4名体制の研修は、当初の3名体制に戻す。
その分、彼らとのコミュニケーションが多くなるし、
手もかけられる。
今年採用のスタッフ新人の子は、
インドネシア語ができる子なので、
そこでどんな変化があるのか、それを楽しもうと思う。
8年目の研修事業は、
何も考えずに継続すると決めた10年にあと2年と迫る。
何かそろそろ次の展開がほしい年でもある。

勉強だが、自分のテーマが増えてきてしまい、
有効な読書ができないまま
昨年は終わってしまった。
人口と移民の問題を主テーマとして、
グローバル化する中での僕らとインドネシアの
農村社会の変容や環境問題・気候変動も考えていきたい。
どこかで発表できるような
そんなイメージで勉強を続けられれば、と
思いながらやっていこう。

これまで研修優先で
あまり情報をオープンにしてこなかった
技能実習生の制度についても
少しずつだが、記録をしていこうと思う。
こうした制度下で
僕ら日本とインドネシアの農家同士が
どうやってつながって
どういう未来を開拓しようとしているのかも
これからは情報発信の対象としたい。

勉強会は、
僕が決めることじゃないのでわからないが、
昨年は毎週から月2回(実際には月1回)に変更した。
1回の内容が濃くなったが
その分の労力は大きくなった。
みんなが集まって議論する場をこれからも続けたいが
メンバーの意識にも任せたい。

料理では、
最近、燻製の技を身に着けたので、
それをもっと発展できるように研究しよう。
新しい野菜と燻製のマリアージュも考えたい。
凝った料理も良いが、
簡単に家庭でも楽しめる料理も増やそう。

家族では、
家でのパソコンの時間を減らそう。
と言いながら、朝からこんな文章を書いているけどね。
その意味で、FBとブログのリンクも切り離したのだけど。
少なくとも夜は、パソコンを開かないようしたい。
あと、僕も娘もボードゲームが好きなので、
休日は娘と一緒にもっとボードゲームができるように
したいね。

書くことでは、
今年も雑誌や新聞の連載は続けたい。
もう少し内容のあること、テーマを絞って書ければと思う。
ブログはこれまでSNSの『いいね』の意識があって
なかなか書ききれない部分もあったが、
その呪縛を年末に解き放ったので、
以前のように書きたいことを書こうと思う。

あと、
できないことは『できない』とはっきり言うようにする。
昨年は、これができなかったから
いろんな人に迷惑をかけた。
それと、ディテールは大事だけど、
細かいことに気をかける癖も
やめたいね。
妻が言う
『選択的集中』を
僕も今年の目標としたい。

と、まぁ、こんな1年になれるように
目標として精進していきたいと思います。
今年もよろしくお願いします。





P1070411.jpg


2014年になった。
食っちゃ寝の正月も終わり、
やや重たくなった体に鞭打っての
仕事始め。

例年であれば、今年の目標なんてものを
新年早々考えたりもするのだが、
今年はなんだかそんなことを
立てること自体、
あまり僕の関心ではなくなっている。

大きな目標はある。
野望もある。
でもそれらは、僕から派生する場合もあれば、
ご縁のあった誰からか影響を受けて出てくることもある。
どちらにせよ、
僕個人という実体から発せられるものじゃないな。
相手とのインタラクションがあって
初めて、そういうことが生まれてくるんだと思う。

だから、
インドネシアの研修生が『こうしたい』と思えば、
それは時として僕の夢にもなる。
ここで働く人たちが『こんな風にしたい』と思えば、
それは時として僕の目標にもなる。
一緒に地域活動をする人たちが『こうしようぜ』と言えば、
それが時として僕の活動にもなる。
僕らの野菜を食べてくれる人たちが『もっとおいしい野菜を』と思えば、
それが時として僕らの営農のカタチにもなる。


たぶん、今年もそんな感じで
過ぎていくんじゃないだろうか。

僕とご縁のある皆さんが夢見る素敵な未来が、
僕の範疇で、そして僕にできることで、
それが一緒に現実になるように、
今年も一所懸命やっていこうと思います。








謹賀新年

一年の計は元旦にあり。
ということで、今年の目標を考えてみたい。

「農業」
売るよりもつながりを大切に。
もちろん、商売繁盛を願うのだが、
売りよし買いよし世間よしで行きたい。
経営体もずいぶんと大きくなってきたので、
この辺りで、新しい展開が必要なのだろう。
新しい風である大西君にも期待したい。


「生活」
作って料理して、一緒に食べるを中心に。
今年も、たくさんいろんな野菜や食べ物を栽培して、
どう食べようかと頭を悩まし、
それをみんなで一緒に味わいたい。
農を中心に置いた生活の質の向上。


「趣味」
読んで読んで読む。
勉強会も含めて、僕らはもっと勉強しないといけない。
今年も、たくさん読みたい。


「活動」
インドネシア農村・農業支援のさらなる加速。
研修第2期生のイルファンがいよいよ帰国する。
帰国後の活動を支援できるよう、こちらも準備したい。


今年もよろしくお願いします。

一年の計は元旦にあり。
ということで、さっそく今年の目標を立てよう。

まず、農業分野。

農園経営として、今年から新しく日本人スタッフを
迎えることになる。
研修生主体だったが、今後はスタッフの充実を目指す。
それに伴って、販路もいままでの路線は維持しつつも
新たな顧客の開拓も視野に入れている。
多品目栽培を強みに
今までは力を入れなかった分野の顧客にも
アプローチしていきたい。
簡単にいえば、直売分野をもう少し伸ばしたい、ということか。

栽培技術では、
天敵防除の確立と、昨年失敗してきた野菜の
技術を確立させること。
ズッキーニ、根セロリ、青ナス、セロリ、ニンジンなど。
あとハーブ類も。

他にも、スタッフのやる気次第だが
料理教室や体験農園なども
企画としては、面白いかもしれない。

人事面では、
さらにスタッフを募集する予定。
インドネシア研修にも力を入れてくれそうな
人材が来てくれると、面白くなりそう。


次に研修分野。

いよいよインドネシア農業研修生第一期生が
帰国する。
3年間のプログラムの見直しと
授業科目がこれでいいのかを再検討したい。
それらの資料化も進めたい。
研修生の帰国後の支援の体制も
同時に考えなければ。

日本人研修生の方も
受け入れを継続していきたいので
とりあえずは勉強会の定期的開催でも
目指そうか。


最後に生活分野。

もう少し、余裕ある生活を目指したい。
特に、美味しいと思う野菜しか作らないという
自分なりの野菜栽培コンセプトを
もっと実生活でも反映させたいと思う。
つまり、今年は、今まで以上にもっともっと
美味い物を作って(栽培して・調理して)食べようという魂胆。

子育ては、もう少し楽しんでやりたい。
どうしても昨年は、忙しさのあまりに
娘の世話が負担に感じることが多すぎた。
知り合いの農家から、
子育ては今しか楽しめない贅沢、と教えられたので
その贅沢を、もっと感じたいと思う。

楽しい1年になりますように。

新年早々、インドネシアへ行き、そして昨日帰国した。
目的は調査。
協力隊時代に赴任していた任地へ、
プロジェクト終了から10年経った今の変化を見るために。
とても興味深い調査結果とそこから出てきた仮説があるが
それはまた別の機会に書くとしよう。

とりあえず、謹賀新年。

毎年年末に書いていた我が家の10大ニュースなのだが
昨年は書く間もなく、新年を迎え、
今年の目標を書く間もなく、慌ただしくインドネシアへ調査旅行。
そう、これが象徴しているように、
昨年は、とにかく“慌ただしい”一年だった。
今年は、地に足をつけて、もう少し自分のやっていることを見定めて、
やれることだけをやるようにしたい。

作って食べるという単純な行為を中心においた
農の生産と生活の営みを核として
その中で受ける様々な刺激を、地元の食への提案として提供していきたい。
自分の農園の経営的にも販売的にも安定・発展を目指すことは当然なのだが
それと同時に、インドネシア関係のことにも
もう少し力を入れていこう。
多分、これらのことだけで、僕は手一杯なのだろう。
今年はこれらのことだけを中心にやっていこうと思っている。

謹賀新年

1年の計は元旦にあり。
ということで、今年の目標を考える。

いよいよ4月から妻がプチ単身赴任(週の3日ほどはいない)。
僕たちの生活スタイルも大きく変わる。
妻はなれない仕事でストレスを抱え込むだろうし
僕も家事・育児に追われ、農業に割く時間は今年以上に減るだろう。
でもそれが、今、僕らがベターだと思って選択した道。

良い方向に考えれば、
妻は前々から願っていた後発の育成に取り組めるし、
そのことで僕もアカデミックな刺激を受けることが多くなるだろう。
学生との交流も深まるだろうし、
今以上に、生産の中に生活を、生活の中に生産をとりこんだ
ライフスタイルになるだろう。
その中での育児と家事。
昨年は経営者になった1年でもあったので
経営的な観点で農業を見ることが多かった。
だが、今年は、生活の視点から農を見ることが多くなるだろう。
料理や畑で子供が遊ぶことを通して、
僕は農の深みをさらに知ることが出来るだろう。


ということで、今年の目標。

『生活優位の立場から農を見るめること』

これを肝に銘じて、
家族なかよく過ごしたい。
あけましておめでとうございます。

今日から仕事始め。
とはいっても、正月でも必要に応じて畑には出ていたので、仕事始めという気分はあまり無い。
正月は娘が熱を出したこともあり、どこにも行けず、誰にも会えず、であった。

昨年を振り返るに、日本に戻ってきた年であったのだが、急速に田舎に溶け込めた年であった。仕事もそうだし、むらのこともそうだった。6年前に定住を決意した時は、まったくなじめなかったのだが、不思議なものだ。人生、そういう時期が来れば、無理をしなくともそうなるということだろうか。

さて、今年の目標でもたてようか。

『仕事』では、部分的にだが、いよいよ独立を考えている。農園の経営主になること。研修事業を始めること。

『むら』では、漁業株買い取りもふくめて、より一層深く関わっていこうと考えている。年寄りに村についての聞き取りも行いたい。

『技』としては、春先から始まる夏野菜の栽培以降、無農薬野菜の自給自足を出来る限り進めて行きたい。そのためにも輪作と昆作による病害虫防除の技を身につける必要がある。
技としてもう1点、コンバインが普及する以前まで続けていた米のはさがけ技術の習得を目指す。うちの部落では周りとはちがったはさがけをしていたと言う。年寄りが元気なうちに、その技を受け継いでおこうと考えている。

『家族』は、とにかく健康で過ごすこと。それと、今以上に妻と酒を飲みながら話をする(議論も含めて)時間を作りたい。昨年は、この時間が思ったよりも少なかったので。

ほかには、読書の量をもう少し増やしたい。出来れば、洋書・インドネシア語の本の1冊でも読みたいのだが・・・。

と、こんなところだろうか。今年も昨年同様、多忙で、且つ、充実した年でありますように。
皆様、今年もよろしくお願いします。

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ