インドネシア農業研修の座学の話。
その中の総合防除の授業の話。
今回は、農薬での防除。
農薬での防除の方法に入る前に、
まず研修生たちを取り巻く農薬事情を
みんなで共有するディスカッションを行う。

受講生であるイラ君とダルス君が
すでに使ったことのある農薬を
レポートに書いてきてもらい、それを発表してもらった。
同じ高校の出身でも、随分と離れた地域の2人のはずだが、
ほとんど同じ農薬の名前を挙げていた。
殺虫剤では有機リン系と合成ピレスロイド系の2種で、
殺菌剤は有機硫黄系の1種。
除草剤は「値段が高いから使わない」とのこと。
彼らが挙げてくれた農薬は、
僕が90年代末に
インドネシアで農業指導していた時に
主流だった農薬。
いまだに、その名前が挙がることにやや驚いた。

その農薬が、どの害虫や病気に効くのかは、
彼らの知識はそこそこあり、防除回数や希釈倍率にも
答えることができた。
だが、その農薬の原体名や作用点は当然わからない。
彼らは優秀な成績で農業高校を卒業し、
イラは県の普及所でアルバイトとはいえ働いていた経験を持つ。
一般の農家に比べれば、
農薬の知識は高いはずだが、それでも解っているのは
上記の程度でしかない。

では、専門的な教育を受けていない、
一般の農家はどこで農薬の情報を得るのか?
彼らの話によると、
多くが農薬セールスマンと農業資材店らしい。
イラ君の友達でも、何名かが
外資系の農薬セールスマンとして働いている。
各村々でデモンストレーションを行い、
その場で農薬を販売していくセールスマン。
1回のデモンストレーションでの販売ノルマがあり、
それをクリアしていけば、ボーナスがもらえる仕組み。
基本給をかなり低く抑えられているので、
現地での実践販売での数字獲得が
生活していけるかどうかの瀬戸際になってくる。
もちろん、こういう販売では、
農薬の作用点や副作用はほとんど説明されず、
他の農薬との効果の比較は、デフォルメ化され、
効くか効かないかに特化される。
農薬資材店にもセールスマンは入り込み、
販売ボーナスの一部を農薬資材店にバックする。
もちろん農業改良普及員にもそのお金を流すことで、
県行政が作成する農薬による防除暦に
自社製品を組み込む活動や
現場での指導で、自社製品を有利に販売しようともしている。
まぁ、どれも想像できる当然のことだろう。
ヤクルトレディ的なセールスマンによる現地販売は、
時にBOPの成功事例のようにもかたられるが、
自社製品のみの偏った情報の場合、
なんだかあまり健全には見えないのは余談。

さて、こういう情報の出方になってくると、
当然、資金力で有利な会社の農薬が良く売れることになる。
農民が選択できることはほとんど無く、
農薬の情報を精査できず、
セールスマンの人柄くらいしか、
その判断材料はない。

だから、イラ君もダルス君も
「現場で使われている農薬の種類は、だいたい1,2種類だけです」
という答えになるんだろう。
「これが良い!」と
どこかで誰か(普及員・セールスマン・資材屋)が
言い出すと、その農薬をこぞって農民が買う。
数年して、他の製品にその立場をとられると、
その他の製品ばかりを使うようになる。
それが、彼らを取り巻く農薬の景色。

まぁ、ここらでも農薬についての知識が
どれくらいあって、その中でどんなふうに精査しているか、
と問われると、あまり変わらないかもしれない、
と思うこともあるのだが・・・。

この授業では、防除を総合的に考える。
だから、もちろん農薬だけに頼る防除はしない。
であっても、やはり農薬の情報をきちんと精査できるだけの
調査力と専門性を身に付ける必要はある。
その上で、相対主義的に
僕らの「価値」に沿って、
それぞれの防除を捉えたら良いと思っている。

僕らの団体で、ネットなどを駆使して
もっと農薬の情報を
一般の農家が理解できる形として提供できないだろうか、
とふと思うのは余談。
だが、この余談が膨らんでいかないかなぁ、と
思いを馳せる自分がいるのは事実。
もう少し時間が必要か。

インドネシア研修生の座学の話。
今期最後の試験。
「総合防除」講座の最終試験を行う。

総合防除は、IPM(Integrated pest management)の日本語。
病害に対して、農薬だけでなく
総合的に防除しようというのが、
この防除の思想。

もともと低投入による生産コストの低減という意味で
アメリカで発祥した考え方。
補助金漬けで作れば作るだけ儲かるシステムを創り上げた
アメリカが、焼け石に水程度に、作りすぎを抑制するために
低投入のキャンペーンを行ったのが
きっかけだった。

だが、この総合防除は有機農業などの思想も取り入れながら、
今日では大きく発展している。
とは言っても、有機農業や自然農法などとは、
一線を画している。
それは、特別な農法というよりも、
慣行農法の新しい地平という方が相応しいだろう。
そしてこの総合防除の中身を知れば知るほど、
農民の自然を攪乱するすべての行動に、
意味と文化を見出すことができるのである。

なぜ、畝を高くたてるのか?
なぜ、溝に種を播くのか?
なぜ、マルチをするのか?
なぜ、混播するのか?
なぜ、野を焼くのか?
なぜ、深く耕すのか?
なぜ、浅く耕すのか?
なぜ、有機物を土に鋤き込むのか?
なぜ、なぜ、なぜ?

その問いのすべては、作物の健康と
何を持って価値のある農なのかという
文化的行動と深くつながっている。

そして、そのすべてに答えを用意できるのが、
総合防除の次のステージである、
総合作物管理とも言えよう。

タタンは、果樹の防除を文化的にも物理的にも
市場的にも化学的にも取り上げ、
その実証性を高めた。

イルファンは、個々の害虫の天敵を探し当て、
その防除を環境的に考えた。

クスワントは、種の持つ力まで考察し
農耕の意味まで深めて独自の総合管理理論を
発表してくれた。

いずれもユニークかつ文化的かつ科学的な
プレゼンだった。
いろいろと技術的な穴はあるものの、
総合的な農業の風景を描きながら、
自分たちの営農の姿を総合防除の文脈に
埋め込んでいく作業は、
彼らにイノベーションを与えたように思う。

実に面白い講座が出来たことに満足。

インドネシア研修生の座学の話。
今回は、IPM(総合防除)の授業で、
その中でも行動的防除について。

行動的防除とは、害虫&害獣の行動をコントロールすることで、
防除とする考え方。
では、それらの行動とは何があるのだろうか。

たぶん、動物学的昆虫学的に詳しく見ると、
害虫も害獣も複雑な社会を持っていたりするのだろうが、
ここでは簡単にコントロールできる次の4つの行動に目を向けたい。

交尾と生殖
食べ物の探索
捕食者からの防衛&逃亡
隠れ家への避難

害虫&害獣のこれらの行動を制御することが出来れば、
圃場での害虫密度をコントロールできる。
では、これらの行動を害虫&害獣はどう知覚して行っているのか。
それは、視覚・聴覚・嗅覚の3つ。

彼女ら彼らの上記の行動中に、
3つの感覚いずれかにうったえることが出来れば、
彼ら彼女らは危険だと誤解したり、メスと間違えたり、混乱したりし、
圃場への侵入を防ぐことができるというのものである。

何か難しく書いたが、
これらはごくありふれたやり方で、
通常、多く農家が取り入れている。
田んぼの「かかし」は、鳥の視覚に危険だと訴えているし、
ネズミ取りのかごの設置は、捕食行動を利用している。
圃場の周りを除草するのは、
避難場所を取り除くためでもある。

もう少し専門的なものとしては、
黄色蛍光灯を利用して、オオタバコガの視覚に訴え、
産卵場所を知覚できなくする方法や、
銀マルチや銀シートを利用して、
アブラムシの視覚に訴え、どこに作物があるのか解らなくして、
飛来を防ぐ方法などもある。

うちの農園でも、
ハスモンヨトウやコナガ等は、
フェロモントラップを利用して、メスの出すフェロモンを利用して、
オスを生け捕りにしたり、
逆に、メスの出すフェロモンを邪魔する匂いを圃場にぶら下げ、
オスとメスが出会えなくしたりもしている。

インドネシアだけでなく、
日本でも誤解している人たちがいるのだが、
行動的防除は、その対象となる作物において、
主たる防除標的をはっきりさせないと効果は無い。
そしてその防除標的の行動をしっかりと把握し、
その行動にあった設置を心がけないと、
ただ「効くから」といって、圃場にそれらの資材を設置しても
ほとんど効果は無いのだ。
そして、主たる防除標的は、地域差もあることを
忘れてはならない。
防除標的を決定し、彼女ら彼らの4つ行動を把握し、
それがどの知覚(3つの知覚)で判断されいるかを知り、
その行動に合わせて、その知覚にあった資材を設置すれば、
かなりの効果を得られるだろう。

インドネシアの研修生の子たちには、
次のような宿題を出した。
帰国後に植えたいと思っている作物を一つ決め、
その作物の主たる防除標的を決めなさい。
そしてその防除標的の4つの行動と知覚を説明し、
それに合わせた資材を選択し、圃場にどう設置するのかを
デザインしてみなさい、という宿題。

効果の派手な防除法じゃないが、
この防除法のロジックをしっかりと理解し実践することが、
総合防除の成功のカギでもあるのだ。


総合防除のUAS(学期末試験)。
お題は、自分が研修後に育てたい作物を決め、
それの総合防除の計画を立てること。

この試験、わかる人にはわかると思うが、
「そんな無茶なぁ」と言いたくなるような難しさ。
とにかく調べないといけない項目が多すぎて
その道の専門家でなければ、
かなり困難な作業。

試験では、当然その計画の論理性や技術の正確さもみるが
それ以上に、ただただ化学合成農薬の散布を繰り返す
慣行栽培に違和感を持ってもらうための作業でもある。

さて、3人の研修生。
ヘンドラはすでに帰国したが、
帰国前に彼はこの課題をやってもらっていた。
彼のプレゼンでは、パプリカが栽培品目になっていたが
その中で、アブラムシに特化した総合防除だったため
他の研修生から、
「実バエの防除は?」
「ハダニはどう防ぐ?」
などと突っ込まれて、たじたじになり、失格。

イルファンには、ヘンドラと同じ轍を踏むな、と
指導したのだが、
その1週間あとの彼のプレゼンでは、
ジャガイモのアブラムシ防除に偏っており、
これまた失格。

タタンは、その二人の失敗を目にしてはいたが
大豆(彼が選んだ作物)の害虫を
探し切れず、授業で教えた防除技術のみで
ごまかしたプレゼンをしたので、
僕に大目玉をくらってしまった。
当然、彼も失格。

総合防除という考え方は、インドネシアでもある。
そう新しい技術でもない。
70年代から言われており、今ではそれなりに技術も確立している。
だが、イルファンに言わせると
「高校や大学の授業で、また普及員の指導で、『総合防除』はよく耳にします。でも、僕が把握している総合防除は農薬の散布の繰り返しでした」
なのだそうだ。
彼の理解の問題なのか、
それともその業界全体の把握の問題なのか
よくわからないが、
そういう下地があって、
僕の総合防除の授業を聞いているので
どうしても理解が、偏ってしまうようである。

ネットでググってみても
インドネシアの総合防除は
有機農業と勘違いしているものが多く、
薬剤散布なんて以ての外!という論調が見受けられる。
そういえば留学時代、
別のコースで総合防除の研究をしていたインドネシア人と
総合防除と有機農業の違いで
口論(やや喧嘩ぎみ)になったのを思い出したのは余談。

明日、研修の新入生が来る。
なので、いよいよ新学期。
総合防除の授業は、全員が失格という
なんとも情けない結果になったが
次回の開講までに、
彼らの理解をしっかりとインタビューしたうえで
カリキュラムを組みなおすとしよう。
とりあえず、今期のこの授業は
これでおしまいとする。

総合防除の授業のまとめ。
今まで記録していなかっただけで
毎週、この授業をしていた。
研修生にとっても、この授業は関心が高かったようで
集中して受講してもらえた。
ただどうしても専門用語が難しく、
インドネシア語というより英語に頼りがちになってしまうので
彼らの理解がどこまで進んだのか、一抹の不安もある。
平易なインドネシア語で説明できるかどうかが
今後の課題だ。

防除の分類は以前も説明した通り。
①化学的防除
②生態的防除
③行動的防除
④物理的防除
⑤耕種的防除

これら5つの柱で成り立っている。
現在の慣行栽培では、もっぱら①に頼っているのが
現状と言えよう。
農薬が防除の主流になる以前は、
⑤の耕種的防除などがもっと行われていたのだが
どうしても作業と収益性の効率を高めようとすると
モノカルチャー化しやすく、それがために
人類が育んできた農業の素晴らしい技術である「輪作」「昆作」
に対する眼差しが曇りがちになってしまう。

防除は、健康な作物作りが鍵になる。
つまりは、その健康な作物を創り上げてくれる
土を創っていくことも、また総合防除の一環だと考えたい。
その視点から見ても、ただ単に足りない要素を足すという
機械論的な視点ではなく、
土を生き物としてとらえ、
それを育む努力をしなければならない。
その視点に立てば、堆肥をしっかり入れるだけでは、不十分なのだ。
輪作と昆作の技術でバランス良く作りまわしていきながら、
表土流亡を防ぎつつも、土壌中の有機物が増えていく方向を
目指さなければいけない。
その意味でも、総合防除の1つである⑤の技術は
とても大切だと思っている。

最近では、②や③、④なども資材が豊富にあり、
以前に比べて、効果のあるものも多くなったように思う。
特に天敵が農薬登録され、農薬製剤として気軽に
使用できるようになったのは大きい。
値段は少々高いが、それでも長期的な防除の視点に立てば
利用する価値はある。
インドネシアでは、天敵はまだまだ販売としては
成り立たないようなので、授業ではもっぱら
それら天敵のすみかや天敵をバックアップしてくれる
バンカープランツやインセクタリープランツなどを使った
圃場デザインなどを指導した。
また、圃場内だけでなく、昆虫のそれぞれの移動距離から
圃場を中心として半径2キロ以内に
豊かな生物相を支えられる自然帯(薬剤防除していない場所)があることも
総合防除のマクロな視点として紹介した。
ちなみにここでは、河川敷の堤防や川岸の自然帯、
そして川向にある山々などが
いろんな生物のすみかとなり、僕の畑の生物相を厚くしてくれている。

カリキュラムでは12回の講義予定だったのだが、
今回は諸事情あって9回で終了予定。
すでにUAS(期末試験)の課題は言い渡してあり、
研修生それぞれが、帰国後取り組みたい作物を一つ決め、
それに対する総合防除のプラン1年間分を立てなさい、というもの。
合わせて圃場デザインも作らなければいけない。
1人1人プレゼンしてもらって、
そのプランの手直しをしながら、
今期の、この講座を終わりにする予定。

期末試験は総合防除だが、
僕らは学者ではなく、農民なので
より実践的でなければならない。
だから総合防除のプランと言っても、
それぞれが作付する作物が、その時期に
市場で高く評価されるかどうかも、試験の点数に入っている。
輪作の組み合わせは、自然の摂理に合うだけじゃだめだ。
それが人々の需要に合わせてなければならないし、
高すぎる防除資材は、どんなにそれが素晴らしくとも
生産コストが高くなりすぎて、僕らには意味がない。
僕らは、農業経営の実践の中に
この技術を埋め込んでこそ、意味があるのだ。

彼らがどんなプランを出してくるのか、
楽しみである。

これも忘れないうちに記録しておこう。
インドネシアの研修生向けに行っている座学で
まだ1回もエントリーを書いていなかったものがある。
それは、
「生物多様性と総合的作物管理(ICM)論」。

この授業は、今年1月からなんとか開講し
4月で故郷に帰ってしまうヘンドラ君も
受講に間に合った。
準備不足で、研修生にはやきもきさせてしまったのだが
なんとか4月までに10回程度の授業を確保し
この知識をなんとか持ち帰ってもらいたい。

さて、総合的作物管理とはいったいなんだろうか。
簡単に言えば、農薬だけに頼らない防除法で
尚且つ、防除だけでなくクオリティの高い
農産物生産を目指す方法である。

これは僕の勝手な整理だが、
IPM(PはPest)と呼ばれていた一昔前は
総合防除と訳されていたように、
病害虫防除に中心をおいた考え方だった。
2003年に桐谷氏が出版した本では、
IBMという言葉を提唱しており、
これはBiologicalという言葉を使っていることから
総合的生物管理と訳され、
生態系の維持を目指した考え方であった。
ただ、農作物を生産している農家としては
副次的に自分たちの営みが
周りの自然を創り上げているのは解るが
それを積極的に行っているわけじゃない。
あくまでも、品質の高い農産物生産を行っているのだ。
その考えから、主眼を生物や防除ではなく
高品質の生産物に目をやり、
如何にして生産するかを考えているのが
ICM(CはCrops)ということになろう。

施肥や防除、土壌状態、品種選びが、その内容となるのだが、
インドネシアの現場では、やはり防除がその中心に来るだろう。
だからこの講座でも防除に中心を置きたい。

防除では、
化学的防除
生態的防除
行動的防除
(物理的防除)
耕種的防除
などに分けられる。
分け方は、それぞれ専門書によって若干の違いはある。
生態的防除と行動的防除と物理的防除の線引きは
やや曖昧な感はあるが、
農業の現場では
分類することに意味があるのではないので
この辺は、あまり突っ込まないでほしい。

化学的防除は、化学合成農薬を使用した慣行的防除法。
生態的防除は、天敵のすみかなどを積極的につくり
もしくは守り、害虫を防除する方法。
行動的防除は、害虫の行動を熟知し
その侵入を防いだり、トラップを設けて防除する方法。
耕種的防除は、品種を選び、耐病性のものや
害虫が好まない品種を選択したり、輪作や昆作を行う方法。

読んでわかると思うが、実はこれらは
これまで人間の長い歴史の中で、培われてきた方法ばかりなので
今更な感じもあるかもしれない。
ただもう少し体系的に整理をして
それらを積極的に活用することで
病害虫の抵抗性獲得を鈍らせたり
自然環境に対する配慮をしようというものである。

インドネシアの文脈では、
投入コストを抑えることで、
中間商人との従属的な関係を少しでも打破することも
その狙いとしては入ってくるだろう。

さて、どんな議論ができるのか、楽しみである。

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ