FC2ブログ
今年の実習3年生の研究も面白い。
ダニの研究は、
ソシンという葉菜類の栽植密度と収量と販売額の
三角関係を調べるというもの。
農学の分野なら、栽植密度と収量ってことだろけど
それに経済社会学的&経済人類学的要素を加えて
彼がアクセスできる販売形態に合わせての
販売額の違いを加味したところに
今回の研究の面白さがある。
これを農家自身が考えることができたなら
僕が思っている理想的な「考える農民」に
かなり近づく。はずだ。

ダニの研究は終盤を迎えていて
厳密にはまだ考察であと二転三転する可能性はあるが
研究の方向性は固まっているので
ここで先んじて記録しようと思う。

ソシンの栽植密度を
政府推奨と学校で学んだやり方と
地元の篤農のやり方の3つで検証。
で、一番とれるのは?というのはナンセンスで
販売してなんぼなので
地元のアクセスできる市場で
どのような尺度の価値でそれを評価するかを
インタビューして
それに合った収穫をした場合
どの方法が一番販売額が高くなるかを計算する。
ただ、それでも不十分で
ダニのリソースとして
経営に投入できる労働力は3人分ということと
彼がここで得たお金で買った土地の広さとを加味した場合、
販売形式によって(たとえば、束にするのかバラで売るのか)
栽培できる面積が変わる。
さらにブローカーへの販売方法として
自分で持っていくのか
買い取りに来てもらうのか
さらには収穫人も連れてきてブローカー側で収穫するのかの
3パターンでも経費を計算する。
この場合、車をチャーターして持っていく場合、
バイクの場合、車を購入した場合、
など積載量や経費の多寡も変わってくるのを加味する。
そうした要因をすべて考えて
彼はどの方法が一番儲かるのか、もしくは
一番効率がいいのか(儲かると効率がいいは別だよ)、
を彼自身が自分の経営スタイルに合わせて
考える素材にする。
このパターンが出そろえば
行為能力(エージェンシー)は
考える農民たるように発揮される。
ま、これが僕の指導するビジネスプランの肝でもあるんだけどね。
タネがわかれば意外に単純なんだけどね。

で、彼は今数字を見て逡巡している。
自分たちで収穫するほうがいいのだけど
それだと面積は狭くなる。投入できる労働力に限りがあるから。
安いけど、収穫人を大量に連れてこれるブローカーに
収穫を任せると
栽培面積は一気に増やせる。
雑草管理も考えれば
それはそれでとても重要なことだし
ちょこまかと作るよりも
収入は多い。
ここまで考えることができれば、
実はブローカーと農家は従属関係ではなく
戦略的に販売するその選択のイニシアティブは
農家の手にあることに気が付くだろう。
この彼が逡巡する判断基準が
僕にとても贅沢なやり取りに感じる。
もう少しこの贅沢な時間を
彼と一緒に過ごしたい。
発表まで2週間しかないけど
この2週間は
僕にとっても至福な時間となるだろう。
3年かけて鍛えた彼の計算力と
インタビュー力と思考力が
その結晶を見せる瞬間は、本当に美しいから。

あああ、ダニ
お前は本当に素晴らしい。




関連記事
明日から仕事始め。
その前に、今年の目標でも記録しよう。

まずは「農業」。
正直、2020年は厳しい年になる。
昨年から農園の勝利の方程式だった
ベビーリーフが県内外の植物工場のベビーリーフに
徐々にだが県内の市場が食われている。
喰ったり喰われたりなら、そういうものなので
特に焦りはないのだが
昨年はディフェンスに追い込まれていて
喰われる一方だった。
ここを取り戻す算段をしながら
他の品目でも挽回する企画をいくつか立てたい。
年末に付き合いのある業者が1つ廃業するとの連絡と
もう一つの業者が長期休業に入るということもあり
普通に営農していても2019年を下回ることになる。
新たな市場開拓も併せて必要だ。
2020年は営業にも力を入れたい。
統一した商品デザインも今年は考えていて
商品力での販売挽回も必要だ。
売り場やネットでの媒体での発信も大事で
売り場のポップを揃え、
SNSでの発信はここ数年停滞気味なので
しっかりしないといけない。
生産現場では
新人も増え、農園は増員予定の年となる。
それぞれの生産班リーダーが
9年目や8年目になり
経験値は十分。
リーダーが担当の品目だけを管理する時代は
そろそろ卒業するタームに入る。
技能実習生をそれぞれの班に1年生から張り付かせ
3年生にはサブリーダーとして
それぞれの品目管理ができるように
マニュアル化や指示の簡素化が必要で、
実習生のサブリーダーをそれぞれのリーダーが
どこまで教育できるかも重要だ。
その場合、
それらを補完するために指示やマニュアルの
インドネシア語化は必須だ。
帰国したばかりの立崎のポジションは
今年のカギとなるだろう。
この厳しい年を糧に
僕らの農業のさらなるバージョンアップの年に
チーム力で実現させたい。

次は「インドネシア事業」。
これは帰国した立崎が
自分がインドネシア部長をすると
公言しているので、
それをしてもらおうと思う。
今年はいよいよ技能実習生の送り出し機関が
タンジュンサリ農業高校と農園たやと共同で立ち上げる。
来日する実習生のビジネスプラン作りまでを
この送り出し機関と共同で
農園たやとして支援をする。
もちろん、農園たや以外に派遣させる実習生にもだ。
帰国した実習修了生へのマイクロファイナンスや
新規事業提案や
やることは山積みだ。
さらに
立崎の後任として、
スタッフの坂本が5月にインドネシアに派遣される。
彼とのやり取りが今年のインドネシア事業のカギにもなる。
技能実習制度の受け入れモデルとして
今年も発信をしていきたい。
アクターオリエンテッドアプローチを活用した
技能実習プログラムとして
国際開発学会での発表も今年は実現させたい。
今年は無理かもしれないが
技能実習制度といった外国人材の受け入れについて
派遣する側の国でも研究者たちと共同研究を行い
その国での言説化も
学会発表やジャーナル等の発表で作り上げたいと思っている。
そのために今年はその布石を打ちたい。
議論を日本の中で矮小化させず
送り出す側の国でも批判的な議論を巻き起こす
第一歩が2020年だったと記録できるような年にしたい。
僕らの歩みが
それぞれの地域発展のモデルの発展の歩みなんだ、と
自負して進みたい。

最後に趣味の「俳句」。
自分というフィルターを通した時に
自分という言葉変換装置は
いったいどんなポエジーをもった作品を
生み出すのか
それを純粋に楽しみたい。
入賞とかそういうのも楽しいのだけど
納得する句を
その場その場で作り上げたいと思う。
詩人としてさらに深度を深めていきたい。

さ、2020年を始めるか。



関連記事
2019年も暮れようとしている。
今年もいろんなことがあった。
思い出す順に、今年の10大ニュースをまとめたい。
優劣はなく、順不同で。

☆同人になる
趣味のことからで申し訳ないが、
俳句の一つの目標を今年達成できた。
参加している俳句結社の「雪解」で
同人に認められた。
ある程度俳句ができてきた証で
ここが俳句をやる者のひとつのターニングポイント。
今年は俳句の深度は浅く
修行が足りない句ばかり詠んでいたが、
それでも一つ前進できたことを喜びたい。

☆立崎帰国
JICA青年海外協力隊として、
農園に実習生を送ってきてくれている
タンジュンサリ農業高校へ派遣していた立崎が
2年の任期を終えて帰国した。
赴任中は
日本野菜の紹介や
日本農業の授業、日本語クラブの指導、
実習修了生へのリサーチ等
多岐にわたって活躍してくれた。
それ以上に彼女の成長が大きな成果といえよう。
今後、インドネシアでの活動に
大きな力になってくれると信じている。

☆営農
今年は難しい1年だった。
自分たちの勝利の方程式が
徐々に通用しなくなっていくような
そんな1年だった。
それでも各スタッフは
それぞれの持ち場でベストを尽くしてくれた。
特に大雨や猛暑や大型台風と
難しい気候にも
スタッフたちは知恵をしぼって
チャレンジングに対応してくれた。
いろいろとほころびもあるが
すばらしい人たちと一緒に営農できたことを
誇りたい。
それでも今年思ったほど伸びなかったとしたら
それは経営者である僕の責任だ。
ここからは
自分たちの方程式を
自分たちで書き換える必要がある。
そんな勇気がもっともっともっと必要だ。
それを実感した1年。
ここから、僕らはまだまだ変われる。

☆外国人技能実習制度
2018年の大雪から
実は実習生へのビジネスプランの指導を
大きく変えた。
雪であれこれと気が回らなかったこともあり
あの年は、現地でのポテンシャル調査が
出来なかった。
そこで、いっそ来た子たちから教えてもらおうと
インタビューを強化して
僕に現地の様子を教えることを通じて
実習生本人が自分のポテンシャルに気が付いていく
という方法を付け加えた。
これが今年、はまった。
これまでのダイナミズム以上の
ダイナミズムを実習生と一緒に実感ができた。
僕らのモデルは
常にバージョンアップしていく。
これからも。

☆マイクロファイナンス
技能実習制度を利用した
インドネシアとここ地元の農村開発を
一手にできないかって考えていた
15年前。
いつかは、とこの辺りまでは夢想していた。
ちょっと時間がかかってしまったが
今年から実習修了生にマイクロファイナンスを開始した。
今年は5つの案件。
それぞれの営農が
この投資で一気に伸びていくのを見てみたい。

☆ローカルスタッフ
マイクロファイナンスを行うにあたって
現地で資金や事業計画を
マネジメントする人間が必要になった。
ということで、3期生のタタンをローカルスタッフとして
契約をした。
こうすることで
実習修了生のキャッシュフローが
より現実的な形で見え始めた。
それぞれの課題を察知し
より有効な事業を彼らに提案し
マイクロファイナンスの有効化につながった。
まだまだ荒いので
このポジションの精度をもっと高めていきたい。

☆送り出し機関
インタラクションとは
本当にダイナミックで面白い。
こんなことを考えたことなかったのに
実習修了生や学校の抱える問題や
あと参加したパネルディスカッションの
他のパネラーから刺激を受け、
気が付けば、今、技能実習生を送り出す期間を
インドネシアタンジュンサリ農業高校と一緒になって
立ち上げようとしている。
その儲けで、タンジュンサリ農業高校の高校生の
福井農林高校へ行くための旅費を
賄おうと考えている。
交流事業をさらに展開して
実習生を受け入れている福井に
実習生たちの地元を理解する若者を
増やそうと考えている。
相互訪問を密に行えれば、と思うが
まずは送り出し機関の運営を成功させないと。

☆ドキュメンタリー番組の取材
日本のチカラという番組の撮影で
3月から12月まで長期にわたって取材を受けた。
はじめは8回くらいと言っていたのだが
途中から企画が少し変わったようで
その倍くらい撮影があった。
海外ロケもやって、いい経験になった。
年始に番組が放送されるとのことで
どんなふうに切り取られたのか
楽しみ。

☆外国人材に関しての講演
4月から特定技能が始まり、
外国人材への関心が高まった。
だから今年は県内外でやたらと講演依頼が多かった。
特殊事例だと思われがちなのが
少し悔しく
どうすれば一般化できるのかも含めて
よく考えた1年だった。
その答えの一つが
僕らの立ち上げる送り出し機関から
実習生を受け入れてもらえれば
インドネシアの管理団体として
実習生へビジネスプランの授業を
ネットを通じて行うことを
企画している。
もう、農業の範疇ではないような気もするが
農業が地域づくりの一つのムーブメントなら
これも僕が夢想する農業のカタチだ、と
胸を張りたい。

☆JICAとの民間連携
これは本当は年内に締結するはずだったのだが
すこし事情があってずれ込んでいる。
だが、すでに計画は実行されていて
タンジュンサリ農業高校のJICA海外協力隊の案件は
(株)農園たやの案件ということで
動いている。
立崎は一般公募で勝ち取り、
同校へ赴任したが、
その後任としてのスタッフ坂本は
このレールに乗って赴任することになる。
この連携事業で
新たなダイナミズムを生み出したいと思う。
そのカギは
僕らのチーム力にかかっている。

と、まぁ、
これが今年の僕の周りの10大ニュース。

関連記事
技能実習生の受け入れで
この1年間取材を受け、
それがドキュメンタリーとして
テレ朝系の全国テレビ局で放送される。
番組名は「日本のチカラ」。

全国の放送予定日は以下の通り。
時間帯がまちまちだし
あまりテレビの見ない時間帯かもしれないが
もしよかったらどうぞ。

2020年
テレビ朝日 "5:20-5:50" 1月4日
北海道 "5:45-6:15" 1月19日
青森 "10:25-10:55" 1月6日
岩手 "6:00-6:30" 1月26日
秋田 "6:30-7:00" 1月12日
山形 "6:30-7:00" 1月12日
東北 "6:00-6:30" 1月26日
福島 "9:50-10:20" 1月13日
新潟 "5:45-6:15" 1月12日
北日本 "10:25-10:55" 1月7日
北陸 "6:00-6:30" 1月19日
福井 "10:20-10:50" 1月17日
信越 "5:45-6:15" 1月19日
山梨 "6:30-7:00" 1月12日
静岡 "5:45-6:15" 1月19日
名古屋 "5:20-5:50" 1月4日
朝日 "5:20-5:50" 1月4日
日本海 "10:55-11:25" 1月6日
山陰 "11:00-11:30" 1月8日
中国 "5:45-6:15" 1月19日
山口 "10:25-10:55" 1月17日
西日本 "6:30-7:00" 1月12日
四国 "10:55-11:25" 1月8日
南海 "10:25-10:55" 1月20日
高知 "5:45-6:15" 1月5日
RKB "5:45-6:15" 1月26日
長崎 "5:45-6:15" 1月19日
大分 "6:15-6:45" 2月2日
熊本 "6:00-6:30" 1月12日
宮崎 "6:15-6:45" 1月19日
南日本 "6:15-6:45" 1月19日
沖縄 "6:30-7:00" 1月5日
琉球 "5:45-6:15" 1月18日
関連記事
今年の1年生は、やる気旺盛だ。
と書くと、ことアリフについては
スタッフの間で誤解があるかもしれないが、
行動の結果からみれば、
やはりそれは自身の営農に
真摯に向き合っている結果だろう。

ダダンに続き
アリフもこの1年で貯めた資金を
投資に向けようとしている。
彼の地域は、お茶畑の広がる高原で
温帯野菜も育てることの可能な
農業の盛んな地域だ。
彼はそこで価格の安定しているお茶畑に
投資をしようとしている。

これまで同地域から来ていた
レンディ(7期生)、デデ(9期生)、ダニ(10期生)も
それぞれお茶畑を早くから買い集めていた。
その例にもれず、彼も1年生の資金でお茶畑を買うという。
広さは80a。
すでにお茶が植えてあり、すぐにでも収穫があるらしい。
お茶を売りたいというのは近所の農家で
まだ40代の働き盛りの人らしい。
どうしてそんな人がお茶畑を手放そうとしているのか?
その人自身は、大工業で生計を立てていて
妻の持ち物としてのお茶畑を手放そうというのである。
インドネシアのスンダは、
子供に分け隔てなく農地を分配する。
イエ制度ではないので夫婦それぞれに
収入源を管理している場合も
日本に比べて相対的に高い。
だからといって女性に優しい社会だとするのは
早急であるし勘違いでしかない。
自分たちの価値に合わせての評価は
意味がないというのは余談。

さて、
その大工の奥さん。
ちょっと大変な病気らしく
遺産でもらって管理していたお茶畑を
手入れすることができないらしい。
病気の治療費もかかるとのことで
思い切って手放すことにしたとのことで
それなら近所で日本に行っていてお金があるだろう
アリフにその話が舞い込んできた。

実習生にはいろんな土地売買の情報が入る。
お金を持っていると思われているからだろうが
その土地も高すぎたり小さすぎたりで
良い土地が出てくることは少ない。
アリフも今までいろんな農地の話が入ってきたが
大体は10aや20a程度で、
まとまった土地は少なかった。
だが今回は、効率よくお茶生産するにはもってこいの
面積と立地の土地で
価格もそこそこということもあり
購入を決めた。
ただ現状ではお金が足りないため
2月まで給与をためて購入するとのことだ。

ただ、心配事が二つある。
一つはそこに植えてあるお茶の樹齢だ。
売り手の話では、お茶の木はまだ小さいという。
ただそれで樹齢が若いということにはならない。
お茶の木は20~30年ほどで植え替えなければならなくて
樹齢が進んでいればいるだけ、植え替えリスクが付きまとう。
植え替えれば、収穫できる大きさになるまでの
4年間はその畑からの収入はない。
しかも植え替えのコストは大きく
投資したもののすぐに植え替えとなると
それだけの資金が準備できないケースもあり
最悪の場合、その土地をさらに安い価格で
転売しなければいけない必要も出る。

もう一つがお茶の品種。
80aのお茶畑がすべて同じ品種ならば
効率よく栽培ができるが
よくあるケースが
一斉に植え替えるとコスト高で無収入期間が長くなるため
少しずつ受けかえることが多く
その場合、植え替える時期に手に入るお茶の品種を
なんでも植えている場合もある。
このようなお茶畑は、生育を一斉にできないため
作業効率が低く、思ったような収入を得られない場合がある。

とにかくお茶畑の状況を詳しく把握し
来月のビジネスプランの中で発表してもらうことになった。
場合によっては2年生で貯めるお金を植え替え資金とし
帰国後すぐの収入のベースは3年生で貯めたお金で
唐辛子やキャベツ等の野菜栽培に回してしのぐという案もあるだろう。
80a全部を優良品種に植え替えて、それから4年もすれば
そこだけで十分食べていけるだけの収入は得られるはずだ。
しっかりと現状を把握して
多面的な農業経営が実現できるように
後押ししていきたい。

広い土地を購入できるということで
やや舞い上がっていたアリフ。
来月以降のビジネスプランが
本当の正念場だと気が付いたようで
その顔つきは引き締まっているように見えた。







関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ