FC2ブログ
こういう問題に
すこし心が病む。
http://tayatoru.blog62.fc2.com/blog-entry-1962.html

自分で悩んでいても解決しないし
前進もない。
だったら、ここは当たって砕けようじゃないか。
送り出し機関で儲けるんじゃなくて
これを使って
派遣先の企業にインドネシアのこれからを
支えてもらう、そんな仕組みって
できないだろうか?

答えは
たぶん最初から頭の中にあった。
ただインドネシアで何かを成すときは
いつも自分の利益を後回しにすることと
動いてもらいたい
誰かの利益を最大にすることを
全力で推し進めること、
そしてそれが成しえた時に
その利益の構造をブラックボックス化しないこと、
既得権益化しないこと、
それらが絶対条件にすることが
物事が動く秘訣だと思っていたので
これから提案することに
自分は個人的にも会社の経営的にも
耐えられるのだろうかと
そこは少し算段をつけないといけないことでもあった。
回りくどく書いたが
ロジカルはいたって簡単。
送り出し機関を
タンジュンサリ農業高校と一緒に作るってことと
その利益をすべて
タンジュンサリ農業高校の高校生が
日本(福井)に行くための旅費に
してしまうということである。
はっきりいって
これは僕の組織的には
プラスはないし
ややもすると持ち出し部分が出る可能性もある。
雪害の借金を背負う僕らの組織に
それに力を投資する余裕があるのかと
問われれば
正直見えない。

でも機は、常に僕らの都合に合わせてくれない。
イマンが送り出し機関を自分の利益として
作り上げようとしているこのタイミングと
それに向けて
他の修了生たちのイマンに対する批判的な意識の高まりと
和歌山県の絡む特定技能詐欺がこのタイミングで起きたこと、
そしてタンジュンサリ農業高校が
ここ6年ばかり予算がなくて日本行きができなくなっている事実と
そろそろ福井農林高校側も交流事業もどうしようか
という空気感がある中だからこそ
やや僕としては時期は適当ではないにしても
周りの環境が今だと言っているのだから
やるしかないのだろう。

もどかしく書いたけど
簡単に言えば
タンジュンサリ農業高校の支援を受けて
農園たやの実習修了生でつくる耕志の会が
母体となって送り出し機関を作ろうという試み。
日本行きの借金を極力なくし
日本での実習期間中にビジネスプランの授業を
ネットを通じて行い
帰国後のビジネスの支援を
巡回指導と新規事業提案とマイクロクレジットという形で行う
そんな3in1的な送り出し機関を作ろうじゃないかってこと。
さらには、送り出し機関で出た利益で
高校生を日本に交流事業として連れていく費用にしちゃおうって計画。

この提案は
タンジュンサリ農業高校の校長や副校長の幹部からは
感嘆の声をもって歓迎され
実習修了生たちは、自分が立ち上げには参加できないが
組織が出来上がったら無償で協力したいと確約をしてくれた。
法人として登録するので
やや手続きが煩雑で
ローカルスタッフのタタンは
その話し合いの途中からすでに雲行き怪しい顔つきだったが
なんとかややこしい行政登録を済ませて
僕らの目指す
技能実習制度の正しい形を
提案する場を作りたいと思う。






関連記事
技能実習1年生のダダン。
実家は乳牛農家で、
彼もその跡をつぐ気でいる。
その彼が今月実家の乳牛を2頭増やしたいと言ってきた。

近所の乳牛で、妊娠している牛がちょうど
売りに出ているとのことだった。
彼は2月に来日して、10月までに40万円ほど貯蓄しており
それでその2頭を買おう言う計画のようだ。

最初はほかの会社で働いているインドネシア実習生から
20万円借金をして3頭の乳牛を買おうと
計画をしていたのだが
友人同士のお金の貸し借りはトラブルの元だと
憂慮していたのだが
結局は彼自身が貯めたお金のみで投資をすることになった。

僕は乳牛経営のド素人なので
見当違いをしているかもしれないが
彼のビジネスプランを見ていると
えさの量や質、それを確保するための牧草地の面積や
おからなどの食品残渣の確保と
乳牛の品種、
そして乳牛の飼育環境の3つが
たぶん乳の品質と量に関係すると想像している。
なので、インドネシアのダダンの故郷の場合、
乾季における餌の確保がまず
乳量確保の要因として大きいように僕は感じる。

ダダンも、近くの先進農家の乳量と比べて
実家のそれは7割から8割しかないと分析している。
先進農家との決定的な差は
所有するもしくはアクセスできる牧草地の広さだが、
高速道路開発に沸くダダンの故郷は
農地の価格が高騰し、牧草地の確保は容易ではない。
なので、今回2頭の乳牛への投資は、
ただでさえ足りない餌を
奪い合うことになりかねないという不安はある。

牧草地もしくは食品残渣などで
餌をどこまで確保できるのか、
またサイレージ等を利用して
乾季の餌をどこまでストックできるのかが
今後のカギになるのではないだろうか。
それと同時に
牛舎の環境改善についても勉強をしていきたい。

やや前のめりに投資する彼に
それらの宿題を出しつつ
今後を一緒に考えていこうと思う。






関連記事
涼しくなってくると
ホットコーヒーが朝の定番。
10月にも入ったことなので
ずぼらな水出しアイスコーヒーは
道具と一緒にしまい、
久しぶりにミルで豆を挽いて
ドリップコーヒーを楽しむ。

戸棚に残っているコーヒーは?と
探していると4期生のクスワントのコーヒーが余っていた。
彼が栽培して、彼が加工して
彼が焙煎したコーヒー。
ずいぶん前にお土産でもらったもので
あまりにも勿体なくて
飲まずにそのまま保管していた。
ということで、今朝はワントのコーヒーでも飲むか。

今、実習修了生たちの地域は
空前のコーヒーブーム。
栽培もブームだし、飲むのもブーム。
もともとインドネシアはコーヒー栽培もやっていたのだけど
あまり評価は高くなく
インスタント用のロブスターという品種の豆が多かった。
それが低地でも作れるアラビカの新品種が出たことや
バンドゥンの小さな農園が
世界のコーヒー品評会で世界一に輝いたことなどが
アラビカブームに火をつけた。

インドネシアの家庭でもコーヒーはよく飲む。
ダッチ式(オランダ式)の飲み方で
強めに焙煎し、細かく挽いた粉を
そのままカップに入れてそこにお湯を注ぐという
かなり荒っぽいコーヒー。
砂糖もたっぷり入れて
甘くて口にコーヒーの粉が入るのを
ぺっぺっと吐き出しながら飲むのが
インドネシア式だった。
チャイのような小さなグラスに
コンデンスミルクをたっぷり入れるのも美味しい。
これはこれでおいしく、
僕は留学中や協力隊の時は
夕方から夜の定番はこの飲み物だった。
それにセットとなるのは丁子タバコ。
香辛料が入ったタバコで、タール24ミリ。
鼻腔で飲むタバコで、その刺激と香りを
甘いコーヒーで流し込む。
いい時代だったなぁ~。

それが今や、修了生たちの地域では
王道のブラックコーヒーを飲むというのだから驚きだ。
正直、ブルーマウンテンみたいな
酸味をきかしたコーヒーは
最初の1杯はおいしいのだけど、
続くと胸焼けすることもある。

彼が飲んでいるだろうそのコーヒーを
同じように淹れて飲む。
うん、たぶん、おいしい。

でもね、
ワントよ、これ酸っぱいよ。
やっぱり。



関連記事
最後と書いたけど
別に最後ではないかな。
ただ、これだけまだ日本国内で問題になってないって意味で
最後の闇だと思う。
現地の日本学校の授業料って
どうやって決まっているのだろうか?
そんなことを考えたことあるだろうか。
恥ずかしくないのなら
日本語学校やっている人、
料金を日本語で明らかにしなよ。
だって、ほとんどの送り出し機関(日本語学校)で
日本人が関与してんだから
日本語で発信できるっしょ。

日本に実習生で来るには
日本語の授業をある一定レベル受けていないといけない。
そこにも問題はあるのだけど
この際、それは小さなことなので
スルーするとして
でもスルーできないのがその学校の授業料。
そもそも教育省管轄の学校ではなく
単なる私塾ぽい感じで展開されているので
授業料の規定は、ないんじゃないかって思う。
と書くので僕もかなりあいまい。

ある国際機関の方から聞いた話で申し訳ないけど
ベトナムの日本語学校は
25万円と法律で決まっているとか。
でも、けっきょく裏で100万円とか借金を
持ってくる人がいるらしい。
これは、法律が抜け穴だらけなのか
借金を背負った人が実習制度で日本に行くように
斡旋されているのか、によって違うけど
まぁ、どちらもあるんだろうと思う。
インドネシアでももともとあった借金の返済のために
実習制度を斡旋されたという話は
確認できているので。

前回のエントリーでも書いたけど
インドネシアの現地大学院の授業料で、
6万円(半期)なので、
よほどその日本語は
すごい授業をしているってことになるのだろう。
というのは皮肉。
インドネシアの技能実習生の送り出す学校では
日本語学校40万円の授業料。
日本円で考えると、
まぁ、そんなもんじゃないのってなる。
ある国際機関の方がベトナムの料金を話した時も
そんなニュアンスだった。
あんた!国際機関でよくも恥ずかしくもなく働けるね!
その感覚で!

インドネシアの国家公務員の給与は
4万円ほど。
で、40万の日本語授業料はその10倍ってわけ。
じゃぁ、日本の国家公務員の給与っていくら?
その10倍はまっとうな金額なのか?
N3程度の先生(漢字は中学1年生レベルしかできない)が
その金額で教えるんだよ。
おかしいだろ、それ。

それが成り立つのは
経済格差なんだよ。
そこに目を向けようよ。
無借金で日本に行けるようにしようよ。
借金のカタなんておしんの時代みたいなことで
やってくる人は受け入れないって言おうよ。
もっとまっとうに考えようよ。
グローバルに、ローカルに。

世の中の問題は
すぐそばで起きていて
そしてそれは、どこまでも遠くまでつながっている。
僕らはそれを自覚して
複雑にでも単純に
人間としてまっとうに思える受け入れをしようよ。

たのむ。



















関連記事
俳句って
調子がいい時、とことん調子が良くなる。
これを僕らの周りでは
「ゾーンに入った」と表現する。
僕のゾーンは、
7月の夏井いつき組長のラジオ番組の一句一遊の
「サングラス」の兼題で
金曜日入選してから始まった。
そのまま俳句ポスト365の「鱧」では地選。
地元句会では高得点を連発し
8月も維持。
9月に入ってさらに爆発。
順化句会では先生特選五句のうち、四句を獲得し、
雪解の雑誌では巻頭から数えて8位入選。
第二まる安の恐竜博物館吟行では
全員の特選を掻っ攫い、
一句一遊の「直」の兼題では、またもや金曜日。
その合間にあった象さん句会1回目では
最高得点12点をたたき出す始末。
さらにさらに、ある本に例句として掲載したいとの連絡まで。
どこに出しても、何を作っても
ゾーンに入っている間は、まさに無敵。
ゾーンってすごい。

僕の場合は、夏がそのゾーンになる。
夏と残暑のころは、やらたらと強い。
ちなみに春と晩秋は超苦手で
ゾーンどころか、もう消え入りたくなるような成績。
そんなゾーンも
不在投句したある俳句勉強会で、
最低の成績をたたき出してしまったらしい。
どうも
今年の僕のゾーンは終わったようだ。





関連記事

田谷 徹

Author:田谷 徹
農民です。

青年海外協力隊として3年(農業指導)、大学院生(ボゴール農科大:農村社会学専攻)として2年、計5年インドネシアにいました。

あれこれ寄り道・みちくさしましたが、再び農民にもどりました。これからは日本でぼちぼちやる予定です。

生産と生活が渾然一体となった農の営みを実践する毎日を送っています。

俳句もしております。「雪解」「街」「いつき組」に所属しております。

詳しいプロフィールは、カテゴリの「プロフィール」から「ちょっと長いプロフィール」をお読みください。

メールは
taya.tアットマークnifty.com
です。
(アットマークを@に置き換えて送信ください)

プロフィール
10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カレンダー(月別)
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ